ソーシャルメディアポリシー

私たちターゲットメディア株式会社はソーシャルメディア公式アカウントの運営(以下、「ポリシー」という。)を定め、遵守します。「ポリシー」は、「原則」と「ガイドライン」で構成され、「原則」を広く公開することで徹底を図ります。

原 則

1. ソーシャルメディア参加の目的

ターゲットメディア株式会社は、ソーシャルメディアを通じてターゲットメディア株式会社のオウンドメディアであるDirecta(ディレクタ)の情報を発信し、お客さまとの対話を心がけることで、お客さまに末永く愛される企業になることを目指します。具体的には、以下の4つの目的で、ソーシャルメディアに参加します。

  • 1.ターゲットメディア株式会社に対するお客さまのご意見・ご感想をうかがい、お客さまが本当に望まれる商品・サービスが何かを深く理解すること。
  • 2.ターゲットメディア株式会社のサービスであるDirecta(ディレクタ)を、より多くのお客さまに知っていただくこと。
  • 3.お客さまとの誠実な対話を通じて、お客さまの満足度、そしてターゲットメディア株式会社への信頼とブランド価値を高めること。。

2. ソーシャルメディア参加に当たっての心構え

ターゲットメディア株式会社は、ソーシャルメディアが、個人のつながりを元としたコミュニケーションの場であること、広く一般に世界に向けて公開されており、一度発信した情報は完全には取り消せないことを理解し、良識ある者として節度ある態度で対話に参加します。

  • 1. 所属する組織や雇用の形態にかかわらず、ターゲットメディア社員は、国ならびに地域の法令の遵守はもちろんのこと、ファインドスターグループの理念である「Bestar」、「就業規則」ならびに、「ポリシー」等の社内規則を遵守します。
  • 2.お客さまの声に耳を傾け、参加されているお客さまに少しでも有益な体験をしていただけるよう、積極的な情報提供を行います。
  • 3.発信する情報の内容や発信の仕方に注意し、誤った情報を流したり、お客さまに誤解を与えたりすることのないよう心がけます。
  • 4.誤った情報を発信したり、誤解を与える表現を行ったりした場合は、速やかにお詫びと訂正を行います。
  • 5.身分を偽ることなく、良識ある者として情報発信と対話を行います。
  • 6.第三者が開設・運営する各ソーシャルメディアの規定を守り、各ソーシャルメディアの文化・マナーを尊重します。
  • 7.第三者の知的財産権、プライバシー権等の権利を尊重し、名誉を毀損しないよう配慮します。

3. ターゲットメディア株式会社全社員に対して求めること

ターゲットメディア株式会社では全社員に対し、ソーシャルメディアへの参加全般に関わる心構えを示したガイドラインを定めています。ターゲットメディア株式会社のオウンドメディアであるDirecta(ディレクタ)公式アカウントの運営担当者のみならず、ソーシャルメディアに参加する全社員がガイドラインを理解し、節度ある態度でソーシャルメディア上の対話に臨むことが求められています。