トレンド記事&レポート

通販・ECビジネスで成功する為に知っておくべきトレンドや情報記事を編集部が厳選し、
ホワイトペーパーにまとめてご紹介、気になった記事は無料でダウンロード可能です。

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:15分

    ECモール・カート・アプリの2016年流通総額まとめ -国内13・海外15の各主力プレイヤーの値から見る市場トレンド

    早いもので、2017年が既に1/4が経過しようとしている。春の訪れも間近になったこのタイミングは、毎年各主力プレイヤーが前年の流通総額や売上高を公開している。今年も大手のECモール・カート・アプリなどの2016年の流通総額の数値データが出揃ってきた。今回は国内外の各主力プレイヤーの値を中心に紹介していき、それぞれの市場のトレンドを見ていく。当記事で使用した全データ(エクセル版)はこちらからダウンロードできます。ご利用に際してデータ出典元を明記頂いた上で、ご自由にお使いください。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    【事例】コンビーズレコ⇒「ハチコレ!」レコメンド機能活用で、コンテンツをリッチ化しクロスセルを拡大

    「ハチコレ!」は、大阪府のFM放送局である株式会社FM802が2010年頃にオープンした番組やイベントと連動した商品を取り扱っているECサイトだ。商品ページに設置しているおすすめ商品表示にコンビーズレコを使っている。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    【欧州】ヨーロッパAmazon出店者、複数のマーケットプレイスを利用する傾向

    Amazonに出店するヨーロッパの業者は、5つの(国によって)異なるマーケットプレイスからの出店を選ぶことができる。最も人気が高いマーケットプレイスは、ほとんどの出店者が利用しているAmazon UKだ。ヨーロッパにおけるAmazonについて分析すると、以下の興味深い発見を得た。この分析を行ったのは、世界23のマーケットプレイスにて1,100万の出店者をモニターする調査会社のスタートアップMarketplace Plus社。分析では、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、そしてイタリアと、ヨーロッパの5つのAmazonマーケットプレイスからデータを収集した。その結果、国々が隣接するヨーロッパでは、出店者が複数のマーケットプレイスを利用するのが一般的だということを示している。ほとんどの店舗はAmazon UKで出店している。例えばスペインを見ると、Amazon出店者の三分の二がAmazon UKでも出店。そして6,600の店舗はヨーロッパの5種類のAmazonマーケットプレイス全てで出店している。中でもAmazon UKは最も人気が高く、合計60,893店舗に上る。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:7分

    「FRACTA NODE×WOVN.io」多言語化EC連携パッケージの提供を開始

    株式会社フラクタ(東京都渋谷区、代表取締役:河野貴伸)が開発・提供するEC-CUBEベースのブランドサイト構築向けECパッケージ「FRACTA NODE(フラクタ・ノード)」は、ウェブサイトの多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を手がける株式会社ミニマル・テクノロジーズ(東京都港区、代表取締役社長:林鷹治)と提携し、2017年4月5日(水)より、多言語化EC連携パッケージ『FRACTA NODE×WOVN.io』の提供を開始いたします。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    国内のECサイト・ネットショップは一体何店舗稼動しているのか?

    インターネットやスマートフォンの普及に伴い、今やECサイトは百花繚乱。しかしながら、国内でどの程度の店舗が稼動しているのか、正確な数値はなかなか分かりにくい。そこで今回は国内のECサイト・ネットショップの稼動店舗数を見ていき、国内の総店舗数の現状を明らかにしていきたい。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    ECモール・カート・アプリの2016年流通総額まとめ - 国内13・海外15の各主力プレイヤーの値から見る市場トレンド

    早いもので、2017年が既に1/4が経過しようとしている。春の訪れも間近になったこのタイミングは、毎年各主力プレイヤーが前年の流通総額や売上高を公開している。今年も大手のECモール・カート・アプリなどの2016年の流通総額の数値データが出揃ってきた。今回は国内外の各主力プレイヤーの値を中心に紹介していき、それぞれの市場のトレンドを見ていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    ECサイトにおける購買プロセスモデル - 消費者はどのようにECサイトを見つけ、どのように購買に辿り着くのか

    消費者はどのように数多くのECサイトの中から買いたい商品のあるECサイトを見つけ、商品を探し、他のサイトと比較し、購入まで辿り着くのか。ECサイトの改善点を見つけ、どこに問題があるのかを把握する際にそのようなことを考えたことがある人もいるのではないだろうか。ECサイトの売上を上げるためのコンサルティングサービスを提供する会社は、独自の購買ステップなどのフレームワークを持っていることも多い。今回は、ECサイトにおける購買ステップのフレームワークモデルを紹介し、消費者がどのように購買に辿り着くのか考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    CMSでECサイトを構築しよう

    CMS(Contents Management System)とはオンラインコンテンツを管理するシステムの総称だ。ECサイト以外でも多く用いられているが、ECサイト向けのCMSパッケージも数多く市場に出てきている。ECサイト向けCMSは、ショッピングカートASPサービスよりもハイエンドのEC事業者向けのものとなるのが一般的だ。そしてECに必要な機能モジュールを準備しておきEC事業者の要望に合わせて組み合わせていくようなものが多い。

    続きを読む方はこちら

こんにちは ゲスト様

ログイン

ID・バスワードをお忘れの方

会員登録していただくと簡単に通販支援、EC支援に関する資料をダウンロードできます!

無料会員登録はこちら

新着資料(無料ダウンロード)

  • リピロジ