トレンド記事&レポート

通販・ECビジネスで成功する為に知っておくべきトレンドや情報記事を編集部が厳選し、
ホワイトペーパーにまとめてご紹介、気になった記事は無料でダウンロード可能です。

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    単品通販・リピート通販のリスクを減らし、しっかり効果を上げるために考えるべきポイント - どのように単品・リピートに特化したECサイト運営に取り組んでいくべきか

    2000年代前半、eコマースの黎明期ではオンライン上にモノを並べるだけで売れた時代もあった。しかし今やオンラインでモノを売るためには相当な努力とノウハウが必要になってきている。例えば消費者がオンラインでモノを買う際に、数多くの選択肢が存在している。大手モールやブランドの公式ショップだけでなく、フリマアプリや場合によっては海外からモノを買うことも可能になってきている。そんな中、各社が独自のショップを展開する際に、通常の商品陳列型のショップを開店するのではなく、商品が絞り込まれたいわゆる「単品通販」形式でショップを運営し、定期購入という形で継続的に購入をしてもらう「リピート通販」を行うケースが増えてきている。今回はそのような単品通販・リピート通販を行う上で考えていくべきポイントを紹介していく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    2016年のW11はこれまでのW11と何がどう違ったのか - 今までの売上重視のキャンペーンとは異なる4つの視点

    「W11/双十一/shuang shi yi/シュワンシーイー/独身の日/シングルデー」は中国で毎年11月11日の独身の日に実施される販促イベントである。広義には11月11日に行われるすべての販促活動を指しているが、厳密には双十一という名称は商標登録されているため、2009年に双十一販促イベントを開始したアリババ・グループ(BtoCサイト「天猫(Tmall)」、CtoCサイト「淘宝(タオバオ)」を運営)が実施するイベンドとなっていた。しかし今は天猫を中心に、同じアリババ・グループのタオバオや京東(ジンドン)、1号店など中国EC全体のイベントとして拡大を続けており、一年中で最も流通総額が多いイベントとなっている。今年は、「天猫」では1,207億元(日本円では約1兆8,708億円)の流通総額を記録し、京東や蘇寧電器(Suning)といった大手ECサイトの流通総額を合わせると、1日で1,770億元(日本円で約2兆7,441億円)もの買い物が中国のECサイト上で行われた。それでは今年で8年目を迎えたW11は、今までの年と比べてどのような変化があったのか見ていこう。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    2016年にサービス終了・終了予告されたEC関連10サービスまとめ - うねり続けるEC業界の光と陰

    そろそろ今年も終わりの足音が聞こえてきたが、この2016年もEC業界は多くの新しい技術とサービスが市場を賑わせた。しかしその一方で、業界の荒波に揉まれてひっそりと終了していったサービスも少なくはない。その中で今回は2016年に終了したサービス、及び終了が予告されたサービスを10個ピックアップして紹介していく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    【2016年まとめ】今年EC業界でチェックしておくべきトレンド5選と2017年のEC業界展望

    2016年もあと僅かとなったが、この一年、EC業界はどのような環境だっただろうか。経済産業省のデータではBtoCのEC市場規模は依然として伸び続けているが、EC市場は徐々に飽和状態になりつつあるようだ。消費者からするとオンラインで買えないものはないというくらいどのような商品もECで買える時代となってきているが、消費者の見る目も厳しくなってきている。一方運営サイドから見ると、競争は熾烈になり、他社が真似できないオリジナル商品を展開することは難しくなり、従来の販促手法の効果は目に見えて落ちてきている。さらに、EC関連のテクノロジーも進歩しているが決定的な変革をもたらすことが出来るには至っていない。このような環境の中でeコマースコンバージョンラボも多種多様な記事をお送りしてきた。ニュース記事を除くと、今年49本目のこの記事では、2016年のEC業界のトレンドや出来事を振り返り、来る2017年の展望を考えていきたい。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    凄まじい影響力を持つ中国ネットインフルエンサー「網紅(ワンホン)」の実態と活用方法

    今や中国は世界最大のインターネット人口7.21億人を誇るネット先進国だ。その中で中国最大のSNSサービスWeibo(微博)が先日Twitterの時価総額を超えたように、SNSの影響力や経済規模も爆発的に伸びてきている。そんな中、日本ではそこまで流行していないカルチャーである、ネットインフルエンサー「網紅(ワンホン)」が凄まじい影響力を持つようになってきている。今回はなかなかイメージしにくい網紅の実態と、企業が中国に進出する際に網紅を活用するための方法を紹介していきたい。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:7分

    eコマース業界カオスマップ2016 - 運営業務管理編

    e コマースの浸透に伴いeコマースの運営を支援するテクノロジーも大幅に拡大してきており、提供されているサービスは膨大な数にのぼる。そのためeコマース 業界に深く携わっていても全てのサービスとその特性を理解することは非常に難しくなってきている。また、eコマース業界初心者や少し離れたテクノロジー関 連の業界から見ても非常に分かりにくい部分が増えてきている。そこでeコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に整理し、網羅的に全サービスを掲載することを大目的としている。今回は運営業務管理版となる。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:7分

    eコマース業界カオスマップ2016 - ショッピングカート編

    eコマースの浸透に伴いeコマースの運営を支援するテクノロジーも大幅に拡大してきており、提供されているサービスは膨大な数にのぼる。そのためeコマース業界に深く携わっていても全てのサービスとその特性を理解することは非常に難しくなってきている。また、eコマース業界初心者や少し離れたテクノロジー関連の業界から見ても非常に分かりにくい部分が増えてきている。そこでeコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に整理し、網羅的に全サービスを掲載することを大目的としている。今回はショッピングカート版となる。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    KOLの影響力とビジネス構造を読み解く - 中国でのオンラインマーケティングに欠かせない役割

    KOLとは“Key Opinion Leader”の頭文字をとった略称。中国でのオンラインマーケティングにおいて重要な役割を持っている、SNS上で影響力の高いアカウントのことを指す。近年、広告配信だけに頼らず、KOLを活用したプロモーションは中国では一般的になってきており、ネットユーザーもより新しくより専門的な情報を得るために、KOLアカウントをフォローしていることが多くなっている。「2016中国eコマース・KOLビッグデータ報告」によると、今年のKOLの生産額は約580億元(約9,000億円)と予測されている。今回は、そのような影響力を持つ中国のKOLを取り巻くバリューチェーンとKOLのビジネス構造を事例を元に紹介していく。

    続きを読む方はこちら

こんにちは ゲスト様

ログイン

ID・バスワードをお忘れの方

会員登録していただくと簡単に通販支援、EC支援に関する資料をダウンロードできます!

無料会員登録はこちら

新着資料(無料ダウンロード)

  • リピロジ